• ホーム
  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引に基づく表記
  • お問い合わせ
  • ご利用ガイド
買い物カートを見る
11月半ば、紅葉シーズンですね(^O^)

お出かけで冷えた体をあったかい干物とご飯で温めましょう〜☆彡



そこで今回は美味しい干物の焼き方をご紹介します!


 片 面 焼 き ( 七 輪 、 グ リ ル な ど )  



1、冷凍の干物は、まず完全に解凍します。
 (凍ったまま焼くと、芯まで火を通すのに時間がかかって、焼きすぎてしまいますよ〜(@_@;))

2、身から焼きます。(グリルの場合は弱火)
 表面の色が白く変わってきたらひっくり返します。

3、焦げ目がついたらもう一度ひっくり返します。

4、お腹のあたりの脂がふつふつとしてきたら完成です。


 両 面 焼 き 

1、こちらも冷凍の干物は、まず完全に解凍します。

2、表面がきつね色になって、お腹のあたりの脂がふつふつとしてきたら完成です。


 灰 干 し 干 物 の 場 合 



灰干し製法で仕上げた魚は水分がよく抜けています。

火の通りが早いので、通常の焼き方だと硬くなってしまう事があります。

強火でさっと短時間で焼くことが、美味しく食べられるポイントです( ̄〜 ̄ )モグモグ



一口目は醤油をかけず、ぜひそのままで魚本来の味を楽しんでください。

そして作り手の思いを感じていただけたらとっても嬉しいです(*´σー`)エヘヘ

日和屋の干物は冷凍保存で賞味期限30日ですが、ぜひお早めにご賞味ください。
 
ページのトップへ